カラコンで15mm以上なら怖いと思われる可能性あり

15mmか16mmかで印象は全く異なる

カラコンは黒目の色を変えるだけでなく、黒目の大きさを大きくすることもできます。
私の黒目はどちらかというと小さめで、目を大きく開けるとそれが強調されてずっと気にしていました。デカ目カラコンは着色直径のサイズが大きく、着色部分のフチにラインが入っていて、黒目を補うデザインが施されているカラコンなので、本来の小ぶりな黒目をデカ目に盛ることができ、愛らしい目元を作ることができて感激しました。
デカ目カラコンは、デカ目にするため着色部分がとても大きくなっているのですが、ナチュラルテイストのカラコンで14.0mm前後が多いのに対し、デカ目カラコンでは16mm前後のものまであり、その効果はものすごいです。目の中の1mmはとても大きいので、少しの差でも印象は全く異なってきます。
デカ目カラコンで多いのが、ブラウンやブラックの色彩です。中にはイエロー系やピンク系、パープル系、グリーン系などもあります。パステルカラーはイベントなどで活躍しますが、日常使いとしてはやはりブラウンやブラックが使いやすいです。黒目をしっかりと作るということもあって、黒目の部分やフチのラインは濃いめのカラーとなっているものが多いのも特徴のひとつです。

色とデザインでもカラコンの大きさが違って見える

色って不思議なもので、膨張色とかいろんなものがあって、同じ大きさでも色によって大きく見えたり小さく見えたりします。
これは柄でもありますよね。ボーダーとストライプだったら、ボーダーのほうが横幅があるように錯覚する。
まさにカラコンでもそのようなことが起こりえるということです。
カラコンでもブラックとブラウン、さらにはグレーなどでは見え方が違うってことで、大きさも微妙に違うように感じることでしょう。
よくネットの口コミで、思ってたり小さかったとか、大きかったって話がありますが、このカラーの部分が要因になっている可能性もありえます。
はっきりしたことは感覚のことですので、断言することは出来ません。
カラコン15mmのサイズとカラーの関係