コラーゲンの働き

皮膚の構造とコラーゲン

皮膚の中を細かく分析してみると、表皮の下でふっくらとした肌の土台を築く「真皮」というものがある。基底膜をはさんだ表皮の下にある、肌の土台のようなものが真皮。真皮の主な役割は肌の弾力を保ち、真皮内にある毛細血管が栄養と酸素を肌の隅々まで届けることらしい。美肌の為の色んな有効成分が配合された化粧品が数多く販売されているが、多くはこの真皮に存在するコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどがよく聞かれる。水分を除けば真皮の約70%を占めるといわれるのがコラーゲン。真皮の主要成分だ。丈夫なタンパク質から出来た線維だという。真皮の中に網目状のネットワークを作ることで弾力をキープするのだが、シワやたるみはこのコラーゲンの減少や変性によって肌の弾力が失われることが主な原因だという。ベッドに例えるとすれば、コラーゲンはベッドの弾力を保つのに欠かせないスプリング部分になるんだとか。スプリングの無い、もしくはスプリングがヘタったベッドなんて気持ちよくなさそうだ(−−;そう考えると、コラーゲンの重要性がよく分かる。コラーゲンは食べ物から摂取するほか、よく化粧品などにも使用されているけれども、いつも思うのが実際肌(表皮)の上から塗布することでどれほどの浸透率が期待できるんだろう、ってこと。肌表面からどれほど内部にまで浸透するのか、というのはとても重要なコトだと思うんだけど。その結果如何によっては、どんな高級化粧品を塗りたくっても、肌にとっては単なる表面を覆う“保湿”程度にしかならない、と言うコトにもなりかねないからだ。そこんところも詳しく調べてみたい。
ニキビケアのことを考えるときに、こういった知識が必要かというと決してそうでもないと思いますが、ニキビの原因も同様ですが、知っておきたいというだけです。特にコラーゲンについては昔から知ってましたが、美容には関係しているというのは聞いてましたが、詳しくは知らなかったので、ちょっと気になっていました。ヒアルロン酸、エラスチンなんかもよく目にしますし、こういったのが入ったサプリメントやコスメもたくさん出てるし、それも含めてニキビケアのことをもうちょっと意識していみようと思います。